【爆益】3%ポイント還元の最強クレカ!

Visa LINE Payクレジットカードは年会費無料&3%還元で最強クレカです!

詳細はこちら

Visa LINE Payクレジットカードをスマホ決済やポイントカードと組み合わせるとさらにお得に!ポイント対象外に注意!

Visa LINE Payカード

Visa LINE Payクレジットカードが登場し、常時3%還元で話題を呼んでいます。そんな最強カードは、クレジットカードとして利用することはもちろんお得ですが、スマホ決済などと組み合わせることで、多重還元を受けられる場合があります!

この記事では、その組み合わせについて解説していきます。少しでもお得に決済したいという方は、ぜひ最後までご覧ください。


当ページからのお申し込みは、LINE Pay株式会社が主催する各種キャンペーンの条件に該当しない場合がございます。

多重還元(二重取り以上)の組み合わせとは?

まず、Visa LINE Payクレジットカードの組み合わせを紹介する前に、基本的な多重取りについて紹介していきます。

多重取りは基本的に「1回の決済で2つ以上の場所から還元を受ける」ということをさします。(勝手に)

基本的な多重取りの例としては、

  1. ポイントカードの提示でポイント還元
  2. スマホ決済での支払いでポイント還元
  3. クレジットカードチャージ時にポイント還元

となります。

f:id:shiny7:20200427133921j:plain

上のように支払い前に、スマホ決済にクレジットカードからチャージしておくことで、クレジットカードの利用に対してのポイントが貰えるので、チャージ、支払い、提示の3つの動作でそれぞれ還元されることになり、多重取りが実現できるわけなんです。

f:id:shiny7:20200319132455p:plain
二重取りはLINEスタンプにするほど決済時の基本対策に!

節約コンシェルジュのとりちゃん – LINE スタンプ | LINE STORE

そして、今回例として上げるのが、(2021年4月までは)常時3%還元という還元率を誇る「Visa LINE Payクレジットカード」をスマホ決済サービスに組み合わせたり、ポイントカードなどと併用することで3%以上の還元を1回の買い物でゲットする方法です。

Visa LINE PayクレジットカードとKyashの組み合わせについては以下のページで紹介していますので、気になる方はご覧ください。

【2020年版】クレカマニアが最もおすすめの「Visa LINE Payクレジットカード」とは?持たない場合はKyashが必須
私はこれまで、20枚以上のクレカを所有してきました。年会費無料のクレジットカードからゴールドカード、SPGアメックスまで様々なカード利用を経験しています。 そう、正真正銘の「クレカ大好きのクレカマニア」です。 そんな私が今回は誰...

公式サイト:Visa LINE Payクレジットカード

またVisa LINE Payクレジットカードについてもっと知りたいよ!という方は以下ページをご覧ください。

Visa LINE Payカード徹底解説!3%還元のお得な使い方とは?カードデザインやスペック、LINE Payカードとの違いについても
2020年イチオシクレカ「Visa LINE Payクレジットカード」をご存知ですか? 私はいち早く申し込み、4月から利用しています! 実際に使ってみて、そのお得さから他のクレカが使えなくなっているので、皆さんにどん...

Visa LINE Payクレカからチャージ可能な決済方法

f:id:shiny7:20200427133512j:plain

スマホ決済などのチャージでポイントが実際に貰えるかは、検証した結果(一部検証中)ということでご紹介していきます!

検証結果は私が実際に利用した結果ですが、途中改悪などで還元がなくなる可能性もありますので、あらかじめご了承いただいた上で、お楽しみいただけると嬉しいです。

スマホ決済や電子マネー、プリペイドカードの中で、Visa LINE Payクレジットカードからチャージできるスマホ決済を例に上げるとこんなものがあります。

Visa LINE Payクレジットカードと組み合わせ可能な決済方法

  • PayPay:SBまとめて支払いでLINEポイント還元 ※二重取り可能
  • d払いLINEポイント還元 ※二重取り可能
  • 楽天ペイ:LINEポイント還元
  • 6gram:LINEポイント対象 ※Suicaチャージ可能! 
  • auPAY:直接紐付け不可
  • TOYOTA Wallet:LINEポイント対象外
  • Kyash:LINEポイント付与対象外
  • Suica:LINEポイント付与対象外(6gram経由で可)
  • PASMO:LINEポイント付与対象外
  • WAON:LINEポイント付与対象外
  • Edy:LINEポイント付与対象外

同時に還元が対象なのかを紹介してみました。

公式サイトで公開されていることは、Kyash、Suica、Edy、PASMO、その他プリペイドカード編のチャージとWalletサービス等へのチャージは対象外ということです。

Visa LINE Payクレジットカードは、高還元が故に裏技的なルートは開始前に塞がれてしまっています。残念です。

しかし、ワンチャンスあるのが、公式サイトに記載のない楽天ペイ、d払い、PayPay(SBまとめて支払い経由)、auPAY(TOYOTA Wallet経由)などですね。

楽天ペイ、d払いは、支払い元設定でVisa LINE Payクレカを選択できますし、PayPayやauPAYも間接的にチャージ可能です。

d払いは一番お得なスマホ決済に!ドコモユーザー以外でもOK!Visa LINE Payカードとの併用で3.5%還元も
ドコモユーザーでも利用可能なd払いですご、実はいま一番お得なスマホ決済になっているんです! d払いの魅力について紹介していきたいと思います。 d払いとは? d払いは、ドコモが展開するスマホ決済サービスです! ...

具体的には、PayPayの場合、ソフトバンク・ワイモバイルのスマホ利用者が使える「まとめて支払い」を経由すればVisa LINE Payクレカからチャージ可能ですし、auPAYも、TOYOTA Wallet経由でチャージ可能です。

【5/11最新情報】

  • PayPayのまとめて支払いはポイントがつきました!3%+0.5%=3.5%還元に!
  • TOYOTA Walletチャージはポイントがつきませんでした!還元率は0%
  • 楽天ペイはVisa LINE Payクレジットカードの表記で4日後に還元あり!楽天ペイ3%還元!
  • d払いはポイント還元ありました!通常0.5%と合わせて3.5%還元!
  • suicaへのチャージは6gramというアプリを経由すればOK!

検証結果をまとめるとこうなります。

決済手段 チャージ(決済設定) 利用 合計
LINE Pay 0%還元 3%還元 3%還元
PayPay 3%還元 0.5%~1.5%還元※クレカ支払いは0% 3%~4.5%還元
d払い 3%還元 0.5%還元 3.5%還元
楽天ペイ 3%還元 0%還元 3%還元
TOYOTA 0%還元 0%還元 0%還元
Kyash 0%還元 1%還元 1%還元
6gram 3%還元 0%還元(Suicaへ) 3%還元

この中で、おすすめはPayPayですね。ソフトバンクの方なら還元率も高く、シンプルで使いやすいです。ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いを利用すれば、還元の二重取りができますし、都度チャージする方法となるので、使いすぎる心配も低いです。

PayPay×Visa LINE Payカードの二重取り

  1. SBまとめて支払い:Visa LINE Payカードで支払い→LINEポイント3%還元
  2. PayPay残高払い:PayPayボーナス0.5%~1.5%還元

またソフトバンクやワイモバイル以外の方は、PayPayでチャージではなく、Visa LINE Payカード支払いをすれば3%分は還元されますので、ぜひ使ってみてください。この場合二重取りではないものの、クレジットカードが使えずPayPayが利用できる店舗で最大の還元率をゲットできます。

※上記ツイートでは楽天ペイの還元がなかったとなっていますが、実際には遅れて反映されました。別ツイートで訂正しています。

PayPayを使ってない方や、ポイントを貯めたい方は、「d払い」がおすすめです。d払いはクレカ払いにするとdポイントの0.5%とLINEポイント3%が二重取りできますよ!

d払い×Visa LINE Payカードの二重取り

  1. d払いの支払い元をVisa LINE Payカードに:LINEポイント3%還元
  2. d払いの支払い:dポイント0.5%還元

非常におすすめです!

ちなみにCoke ON Payを使えば、自販機で飲み物と交換できるスタンプも貯まるので、さらに還元率がアップしますよー!

また、6gramというミクシィが運営するアプリを経由すれば、Suicaチャージでポイント還元がゲットできるんですよ!Suicaユーザーなら嬉しいですよね。

Suicaでは、JRの電車が2%還元だったり、お店で0.5%~1%の還元があったりするので、二重取りも可能です!

Visa LINE PayカードからSuicaチャージでポイント3%還元!6gramの登録からSuicaチャージまでの流れを徹底解説!
SNSで話題の6gram。 話題の理由は、3%還元のVisa LINE PayカードからSuicaにチャージするときの中継カードになるからです。 6gramを経由させれば、Visa LINE Payカードで対象外のSui...

その他、追加情報があればツイッター等で情報発信しますので、良ければフォローしてください。

Twitter:とりちゃん@キャッシュレス・節約コンシェルジュ (@torichan_save) 

では、ある程度の基礎を理解してもらえたところで、応用編として実際のショップを例に、おすすめの多重取りを紹介していきます。

ローソン(コンビニ)の多重取り

全国どこでもあるコンビニでの多重取りから紹介します!

まずは概要をサクッとまとめました。

  1. ポイントカード提示
  2. スマホ決済の利用
  3. クレジットカードチャージ

コンビニでは提携のポイントカードを併用することが第一の多重取りとなります。

コンビニ 貯まるポイント
セブン nanacoポイント
ファミマ Tポイント
dポイント
楽天ポイント
ローソン dポイント
Pontaポイント
ミニストップ WAONポイント
ポプラ 楽天ポイント

それぞれのコンビニで特徴は違いますが、ローソンが一番多重取りしやすいです。

ローソンでは、dポイントかPontaポイントが貯められますし、スマホ決済もほとんどの決済方法が利用できます。そのため、以下の多重取りが可能になりますよ。

  • dポイント or Pontaポイントを提示でポイント還元
  • スマホ決済での支払いでポイント還元
  • Visa LINE Payクレカチャージ時にポイント還元

まず、ローソンでポイントカードを提示すると最高で200円で2ポイントの還元をゲットできます。Pontaポイントか、dポイントどちらでもOKです。これで1%還元をゲットです。

2020年7月7日からのローソンのポイント還元制度

  • 15時59分までは200円(税別)につき1ポイント
  • 16時以降は200円(税別)につき2ポイントです。
  • 200円(税別)未満は0%還元

次に、スマホ決済を利用して支払うとスマホ決済での還元がゲットできます。先程紹介したスマホ決済の中からおすすめのPayPayを例にしてあげてみると、決済時に0.5%還元をゲットできるだけではなく、チャージ時にVisa LINE Payクレカの還元をゲットできるので、三重取りで最大4.5%還元でフィニッシュ。

これぞ多重取りですな。

ちなみにローソンでは、4/22〜auPAYの「生活応援企画」というキャンペーンで、auPAY支払いなら4%還元となっているため、こちらのほうがよりお得です。auPAYへ1%還元のクレカでチャージして利用したら5%還元、ポイントカード提示で6%還元が実現できちゃいますよ!

あわせて読みたい:auPAYの還元率が1%に改善!ローソンでは4%還元を開始!4月13日〜

マツモトキヨシ(ドラッグストア)の多重取り

次はドラッグストアでの多重取りです。マツモトキヨシを例に上げてみましょう。

まずは概要をサクッとまとめました。

  1. 2つのポイントカード提示
  2. スマホ決済の利用
  3. クレジットカードチャージ
  4. マツキヨクーポン利用

マツモトキヨシではローソンと違い、ポイントカードだけで、いきなり二重取りできちゃいます。

マツキヨポイントと、dポイントを両方提示してWでポイントゲットで、2%還元をゲット。(両方100円で1ポイントの1%還元)

ここにVisa LINE PayクレジットカードでチャージしたPayPayを使えば、さらに3%+0.5%還元を追加できます。

これで合計5.5%還元。

もちろんこれだけではありません。

マツキヨはアプリでクーポン券がゲットできるルーレットを毎日2回引くことができます。このルーレットでクーポンを当てたら、最大20%OFFで買い物できちゃいます。

f:id:shiny7:20200427134328p:plain
マツキヨのルーレット

これはアツいですね。

仮に20%還元をゲットできたら、合計25.5%還元となり、最強にお得ですよ。

ビックカメラ(家電量販店)の多重取り

次は家電量販店での多重取りです。ビックカメラを例に上げてみましょう。

まずは概要をサクッとまとめました。

  1. ポイントカード提示(4種類から選べる)
  2. ガッチャモールのバーコード提示で+3%還元
  3. LINE SHOPPING GOのバーコード提示で0.5%還元
  4. スマホ決済の利用
  5. クレジットカードチャージ

まず、ビックカメラでは、ビックポイントか、JALマイル、楽天ポイントのいずれかのポイントを貯められます。しかも4%~10%還元で。

ビックカメラで貯まるポイント比較表を作ってみました。

ポイント 現金 キャッシュ
レス
最大還元 最大還元の条件
ビックポイント 10% 8% 10% 現金支払い
ビックポイントカード提示
楽天ポイント 5% 4% 19.5% 事前の来店予約
楽天市場のSPUを最大に
楽天カード利用&ポイント提示
JALマイル 3% 1% 4.5% JALカードでJMB WAONへチャージ
JMB WAON支払う
JALマイレージカードを提示
Pontaポイント 5% 4% 5% 現金支払い
Pontaポイントカード提示

楽天ポイントが最大還元率が高く見えますが、SPUという楽天市場のポイントアッププログラムの条件クリアが結構ハードルが高いため、普通にビックポイントが一番おすすめです。

ビックポイントはキャッシュレス支払いの場合、還元率が−2%となりますので、8%還元をゲット。

ここにVisa LINE PayクレジットカードでチャージしたPayPayを使えば、さらに3%+0.5%還元を追加できます。

これで合計11.5%還元。

もちろんこれだけではありません。

「ガッチャ!モール」というクーポンサイトを利用すれば、+3%還元クーポンをゲットできるので、購入直前にバーコードをみせて3%ゲット。

f:id:shiny7:20200427134416p:plain

さらにLINEのSHOPPING GOのバーコードを見せれば+0.5%還元をゲット。

f:id:shiny7:20200218103052j:plain

すべて合わせれば、15%還元でフィニッシュです。普通に購入するよりも15%もお得にできました!

ガッチャ!モールとLINE SHOPPING GOのサービスは以下公式サイトからチェックしてみてください。

公式サイト:Gotcha!mall(ガッチャ!モール)

公式サイト:LINE SHOPPING GO

コカ・コーラ自販機(自動販売機)の多重取り

さらにコカ・コーラのCoke ON対応の自販機であれば、スマホ決済の利用ができるため、多重取りが可能になります。

公式サイト:Coke ONアプリ

まずは概要をサクッとまとめました。

  1. CokeON Payで商品購入(スタンプ還元)
  2. 支払い先のスマホ決済の還元
  3. スマホ決済へのチャージでポイント還元

自販機のため、全て自分で操作します。

まず設定としてCoke ONアプリで、スマホ決済の設定を行っておきます。Coke ON Payに支払先として登録できる決済方法は以下の3つです。

  • PayPay(還元率0.5%+クレカチャージ可)※間接的なチャージ
  • LINE Pay(還元率1%~3% Visa LINE Payクレカの場合3%)
  • 楽天ペイ(還元率0%~0.5+クレカ支払い可)

この中で、PayPayであれば、間接的にVisa LINE Payクレジットカードからチャージできる上に、支払い時に0.5%還元をゲットできます。

また、LINE Payであれば、最大3%還元でチャージ&利用可能です。

楽天ペイもVisa LINE Payクレジットカードを設定すれば対象になります!

多重取りのパターンはまだまだある!

多重取りのパターンはこの記事で紹介した以外にも、まだまだあります。

さらにこれからも多く出てくることでしょう!お店のクーポンや、新しいサービスなどを積極的に利用して、より多くの還元をゲットすることができれば節約に繋げられると思います!

また、この記事ではVisa LINE Payクレジットカードを利用したイメージを紹介しましたが、楽天カードや三井住友カードなど他のクレジットカードでも同様にお得な還元はゲットできますので、是非チャレンジしてみてくださいね。

皆さんの参考になれば幸いです!

タイトルとURLをコピーしました