【注意】GooglePayのQUICPay支払いは1度に3万円までしか決済できない!

GooglePay

iPhoneとAndroidの両方を所持し、Apple PayとGoogle Payの両方を使っている私からGoogle Pay支払いにおける注意点をご紹介します。

f:id:shiny7:20191202132411p:plain

Google PayはQUICPay+の加盟店でも上限がある

QUICPayには通常のQUICPayとQUICPay+という2種類の支払い方法があります。

f:id:shiny7:20191202130630j:plain
QUICPayとQUICPay+の違い

この2つの大きな違いは、1回あたりの支払い上限にあります。

QUICPay→2万円まで
QUICPay+→2万円以上OK

QUICPay+の加盟店ならQUICPayでは支払えない2万円以上の支払いも可能になっています。

2万円以上の支払いをするときにはQUICPay+の加盟店であれば支払うことができるんです。

f:id:shiny7:20191202130611j:plain
QUICPayの上限

しかし実は、QUICPay+の加盟店でもGoogle Payに限っては、2万円以上でも利用制限があるんですよ。

Apple Pay
QUICPay+マークのお店・・・2万円(税込)を超える高額利用もできます。

GooglePay
QUICPay+マークのお店・・・3万円(税込)まで利用できます。

これに対してApple Payでは、2万円を超える高額利用もできますとありますから、Google Pay限定の制限になります。

f:id:shiny7:20191202131130j:plain
私のGooglePayと決済用のプリペイドカード

ということで、Google Payの場合は

〜3万円まで

の金額でしか決済ができないんです。

これは明らかにQUICPayとGoogle Payの利用における罠であり、注意が必要なところです。

私はGoogle Payがとてもいいと感じているので、これを知った時はすこし残念でした。

私も実際、QUICPay+の加盟店であるビックカメラでiPadを購入する際に、Google PayのQUICPay支払いを使おうとしたら上限エラーがでました…

そこで、仕方なくApple PayのQUICPay支払いに変更して支払ったところ、問題なく決済が完了できましたので、3万円以上の決済にはApple Payの方が優秀と言えそうです。

皆さんも、高額決済をする時にはQUICPay+の加盟店であってもGoogle Payが使えないことがあるので注意しましょうね。

ビックカメラでの支払いは決済手段の併用が可能

Google PayのQUICPayでの決済ができなかったときに、どうしてもGoogle PayのQUICPay支払いを限度額まで利用したいと思った時の対処法として、別の決済手段を併用するという方法ができるお店があることを紹介しましょう。

私がよく使うビックカメラでは、複数の決済手段を併用して使うことができます。

併用できる決済手段は、以下になります。

  • 現金
  • 電子マネー
  • クレジットカード(iD&QUICPayも)
  • スマホ決済(バーコード&QRコード)
  • ギフト券
  • ビックポイント

例えば、5万円の決済であれば、

  • QUICPayで3万円分
  • PayPayで1万円分
  • Suicaで1万円分

といったように決済手段をいくつかに分けて支払いができます。

ちなみにQUICPay支払いやiD支払いはクレジットカード支払いという扱いになりますので、併用はできません。同様に同じカテゴリでの併用はできません。

併用不可の例

  • クレジットカード+QUICPay
  • クレジットカード+クレジットカード
  • Suica+楽天Edy

わざわざ分ける機会ってあるの?と思った方もいるかと思いますが、こうすることによっておトクを最大化することができる場合があるんですね。

それはキャンペーンを利用する場合です。

例えば2019年12月15日まで開催されているJCBカードの20%還元キャンペーンを利用したい場合には、5万円決済で1万円還元が上限になるので、5万円を超える支払いになると5万円以上は還元率が通常の1%ほどになります。なので、5万円以上は別の決済手段を選択した方がお得になるわけなんですね。

7万円のものをビックカメラで買うとしたら、

QUICPayで5万円→20%還元
ビックSuica×Suicaで2万円→11.5%還元

のように分ければ、20%還元の還元率を落とさず残りの支払いに対しても還元を最大限に引き出すことができますよ。

f:id:shiny7:20191129103703j:plain

私も実際、この方法でiPhone11やiPadをJCBの20%キャンペーンと、ビックカメラでいつでも(2万円までは)お得な「ビックカメラSuicaでチャージしたSuica支払い」の併用で購入しましたよー!

f:id:shiny7:20191202131425p:plain

ということでこの記事では、Google PayでのQUICPay支払いの注意点と、対処法について紹介していきました。

もし、この記事が気に入った!タメになった!と思っていただけたらぜひスター、Twitterのフォロー、拡散などしていただけたら嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました