Visa LINE Payクレジットカードの申込みから発行後の手続きまでの一連の流れをキャプチャ付きで紹介します!

Visa LINE Payカード

初年度還元率3%!!

と大盤振る舞いのVisa LINE Payクレジットカードの申込手順と、発行してからの手続きの流れについてご紹介していきたいと思います。

この記事では、

  1. Visa LINE Payクレジットカードの申込手順
  2. Visa LINE Payクレジットカードの発行日数
  3. Visa LINE Payクレジットカードの到着後にやること

を中心にご紹介していきます。

Visa LINE Payクレジットカードのスペック等は以下記事で紹介していますので、気になる方はぜひご覧ください。

あわせて読みたい:【2020年版】クレカマニアが最もおすすめの「Visa LINE Payクレジットカード」とは?持たない場合はKyashが必須 

f:id:shiny7:20200424123012j:plain

Visa LINE Payクレジットカードの申込手順

f:id:shiny7:20200420170938p:plain

Visa LINE Payクレジットカードは、公式サイトから申込みが可能です。

※スマホからしか申し込みができませんので注意してください。

手順のざっくりとした流れ

  1. 公式サイトへアクセス
  2. カード申し込みをするをタップ
  3. LINEでログイン
  4. クレジットカードを申し込むをタップ
  5. 三井住友カードのカード申し込みページへ
  6. 流れに沿って申し込み
  7. 申し込み完了

途中からは、普通のクレジットカード(三井住友カード)の申込みフォームと全く同じですが、最初のフローが少し違うので、キャプチャ付きで紹介します。

まずは公式サイトへアクセスしましょう。

公式サイト:Visa LINE Payクレジットカード

f:id:shiny7:20200423184759j:plain
公式サイトからアクセスしたときのフロー

アクセスすると申込みボタンがあるのでタップしていきます。タップするとLINEで上のキャプチャのように専用ページが開きます。ここで「クレジットカードを申し込む」をタップしましょう。

f:id:shiny7:20200423185014p:plain
Visa LINE Payクレジットカードの申し込みの最初の画面

タップしたら三井住友カードの「Visa LINE Payクレジットカード」の申し込みページに到着します。

後は通常のクレカと同じく申込みを済ませればOKです!

申込みが完了したら審査結果をまちましょう。私は翌日には結果が届きました。

結果はメールで三井住友カードから届きます。メールに「お届けいたします」となっていれば通過です。

私が実際に経験した到着までの流れ

  • 4月15日:カード入会申込
  • 4月16日:カード審査通過メール
  • 4月22日:Apple Payへカード登録完了
  • 4月23日:カード発送メールの受信
  • 4月24日:カード到着

申込みから10日ほどで手元に届きました。最初だから少しゆっくりな流れとなっている可能性はありますが、目安になれば幸いです。

審査結果は2時間で届いたという方もいるようですよ。

カード到着前にApple Payにカード追加が可能!

f:id:shiny7:20200424122235j:plain
Apple Payに入ったVisa LINE Payクレジットカード

カードの審査に通過すると、カード到着を待たずして、Apple PayにVisa LINE Payクレジットカードを入れることが可能です。

その方法は、三井住友銀行アプリにVpassアプリを連携することです。

具体的に言うと、三井住友銀行アプリのトップページの下の方に「三井住友カードを連携する」というアイコンが出るので、ここに沿って連携を進めればOKです。

連携できたら、アプリ内に、Visa LINE Payクレジットカードが表示され、Apple Payに登録という文字が表示されるので、これをタップしていけばApple Payへ登録完了です。

もちろん、Apple Payへ登録できれば、すぐに利用開始もできますが、LINEポイントはカード到着後にLINE Payアカウントに紐付けしないと還元されない仕様となっているようなので、この時点では、利用しないことをおすすめします。

やさしくLINE Pay様が教えてくださいました。

カード到着!届いたらやるべきことは?

f:id:shiny7:20200424121641j:plain

申込みが完了し、手元にVisa LINE Payクレジットカードが届いたら後は以下をやっておきましょう。

カードが届いたらやるべきこと

  1. カード裏面へ署名
  2. LINE Payへクレジットカード登録
  3. Vpass登録&アプリインストール
  4. 各種登録!スマホ決済や固定費支払い

どれも非常に重要なので必ずやりましょう。それぞれ紹介します。

カード裏面にサイン

これはどのカードにも言えることですが、カードが届いたらまずはサインをしましょう。

f:id:shiny7:20200424121456j:plain
署名欄にサインしましょう

Visa LINE Payクレジットカードでは、裏面に署名欄があるので、裏面に消えない油性ペンなどでサインしましょう。

サインはフルネームや名前でなくても大丈夫です。自分の証明が取れるサインにするといいですよ。

ちなみに、名前を書く時には、ローマ字ではなく、漢字にすると、海外に行ったときに(外国人が読めないから)セキュリティ対策になるので、漢字で名前を書くといいと聞いたことがありますので、漢字をおすすめします。

ちなみにサインが書いてないカードの場合は、カードに補償制度がついていても適用外になってしまうので、必ずサインしておきましょう。サインがないと使えないお店もありますよ。

LINE Payへクレジットカードを登録

Visa LINE Payクレジットカードでは、LINE Payへクレジットカードを登録しないと、LINEポイントの還元が受けられません。

そのため、到着後すぐに「LINE Pay」のアカウントにクレジットカード登録を行いましょう。

f:id:shiny7:20200423184808j:plain
LINE Payのページトップに表示されているアイコンをタップすれば、登録できます。
f:id:shiny7:20200423190552p:plain

登録ページでは、カードをスキャンするか手入力をして自分のVisa LINE Payクレジットカードを登録しましょう。

カードが送られてきた封筒にやり方が書いた紙が同封されていたので、確認しながらやっていくと良いでしょう!

f:id:shiny7:20200424121744j:plain

登録が完了したらチャージ&ペイも利用開始できます!

Vpass登録&アプリインストール

次にVpassアプリをインストールしてログインしましょう。

f:id:shiny7:20200222104915p:plain

公式サイト:アプリのダウンロード

※対応OS:iOS10、11、12 / Android™ 5.0以上

Vpassアプリは、口座連携機能も付帯しているので、カード利用残高や口座残高が一括で管理できるという強みがあります。今後リリースされるバージョンではアプリ内でカード番号が即時で分かるようになるので、さらにアプリの重要性が高まるのではと考えています。

別のカードでVpass登録が済んでいる方は、ログインするだけでOKです!※ログインしたらVisa LINE Payクレジットカードが出てきますよ。

f:id:shiny7:20200423190710j:plain

初めての場合は、以下ページから会員用WEBサイトへの登録手続きを行いましょう。

公式サイト:Vpass・WEB明細登録

ちなみに、登録しておくと、Vpass会員向けのコンテンツも利用できます。

また、本人認証サービス(3Dセキュア)もVpassに登録したら同時に登録されますので、安心してくださいね。

各種登録!固定費支払いなど

ここまで設定が完了したら後は、いろんな支払いにVisa LINE Payクレジットカードを登録しておきましょう!

公共料金や、家賃など固定費の支払いには必ず設定しておくようにしましょうね。

ただし、スマホ決済や、Suicaなどの電子マネーへのチャージなどは、還元対象外なので登録しないほうが良いですよ!

設定完了!あとはどこでも3%還元!

設定がすべて完了したら、後は使うだけです!

Visa LINE Payクレジットカードは、Visaタッチ決済・LINE Pay「チャージ&ペイ」・Visaクレカ払い・Apple Pay(iD払い)の支払方法を使えるので、ガンガン使っていきましょうー!

Visa LINE Payクレカの還元率は2021年4月までの利用なら3%還元となっていますから、使えば使うだけお得ですよ!しかも還元上限なしですからね。

ただ注意したいことは、ポイント対象外があることです。

Visa LINE Payクレジットカードで決済できない支払い
・LINE証券
・LINE Pocket Money
・BITMAX
・スマート投資(ワンコイン投資)


Visa LINE Payクレジットカードのポイント還元の対象外
・電子マネー/プリペイドカード/Walletサービス等へのチャージ
(WAON,Edy,Suica,PASMO,Kyash等)
・金融商品の購入(投資信託、証券等)
・税金/保険において、1回あたりの支払につき5万円を超える分
・国民年金保険料
・寄付
・年会費(クレジットカード年会費、ETC年会費等)
・手数料(リボ払い・分割払い手数料等)
・キャッシング
・その他、当カードの利用において指定するポイント対象外の商品/サービス

対象外に注意して利用していけば、どこでも3%の節約ができちゃいます♫

タイトルとURLをコピーしました