【爆益】3%ポイント還元の最強クレカ!

Visa LINE Payクレジットカードは年会費無料&3%還元で最強クレカです!

詳細はこちら

JCBカードの支払日に口座にお金が足りなかったときの対処法と支払遅延履歴を残さない方法とは?

クレジットカード

こんにちは!とりちゃん(@torichan_save)です!

先日少しヒヤッとした出来事があったので、その体験談を紹介していきたいと思います。

クレジットカードは毎月カード会社が定めた日程で決済額が引き落とされますね。

クレジットカードの支払いは口座引き落としになるので支払いに口座にお金を入れておく必要がありますが、思っていたより支払いが多かったり、クレジットカードの引き落とし口座にお金を移すことを忘れてしまっていると、支払日に引き落としがされなかったなんてこともあると思います。

クレジットカードの支払遅延をしてしまうと、自身の信用情報に傷をつけることになってしまい、住宅ローンや、クレジットカードの発行などができなくなることもありますので、支払遅延は避けたいところです。

そこで日本が誇る国際ブランドのプロパーカードである「JCBカード」をピックアップして、支払日に口座にお金が入ってないときの対処法と、支払遅延履歴を残さず乗り切る方法について紹介します。

f:id:shiny7:20191215091958j:plain

支払日に口座のお金が足りなかったときの対処法

支払日に口座のお金が足りなかった場合、全額引き落としがされません。

4万円の支払いがあるのに口座に3.9万円しか入ってない場合、3.9万円の引き落としもかからず4万円の未払いとなります。

この未払い分をどうにか処理しなければなりません。

JCBカード

f:id:shiny7:20191215091142j:plain

JCBカードは毎月10日支払いとなりますが、JCBカードは以下のように不足分を支払う必要があります。

支払い日当日に支払う場合は、以下のように入金期限までに口座に振り込めば、自動で引き落としをかけてくれて、支払いが完了します。※三菱UFJ銀行・三井住友銀行・りそな銀行の場合を例にしています。

普通預金口座の方:お支払い日当日 6:00PM まで
当座預金口座の方:お支払い日当日 3:00PM まで

翌営業日の場合も、月末まで毎営業日に自動で引き落としをかけてくれますので、気づいたらすぐにお金を入金すれば、その日か次の営業日には支払いが完了します。
※営業日は土日祝日を除いた営業日計算になります。

上記は三菱UFJ銀行・三井住友銀行・りそな銀行の場合を例にしていますので、その他の金融機関を引き落としに使っている人は注意しましょう。公式サイトのよくある質問から確認できますよ。

振込を希望する場合は、カード会員本人が自ら窓口へ問い合わせる必要があります。

<JCB調査デスク>
06-6944-2222 9:00AM~5:00PM(土・日・祝・年末年始休)

また、当日支払った場合はOKですが、翌日以降に支払うことになった場合は、支払い確認が取れるまでJCBカードの利用が制限されます。支払い遅延も残ってしまうので、信用情報に傷がつくことになります。

さらに当日に振込ができなかった場合は、遅延損害金が原則、2ヵ月後以降に請求されます。

支払遅延履歴を残さずに乗り切る方法

実は、JCBカードなら支払日当日までに入金できなかった場合でも、支払遅延履歴を残さずに乗り切ることが可能なんです。

JCBカードは、原則当日支払いができない場合は、支払遅延履歴が残りますが、当日支払いができれば支払遅延履歴は残らないんです。

公式にも書いてありましたので、ご安心ください。

■ お支払い日当日の場合
普通預金口座の方:お支払い日当日 6:00PM までにご自身の口座へご入金ください
当座預金口座の方:お支払い日当日 3:00PM までにご自身の口座へご入金ください

上の場合は、お支払いの遅れとはなりませんのでご安心ください。

引用:公式サイト

 

逆に楽天カードの場合は、再振替サービスが結構先になるので、それまでに準備すればいいですが、当日入金しても振り替えてくれませんので、支払遅延履歴が残ってしまうんです。

JCBカードのように当日に入金できればすぐに支払い対応をしてもらうことができ、支払遅延履歴が残らないのは安心ですし、信用情報も守れます。

自動振替を経験してみた

私も実際に、JCBカードの支払口座にお金を移すことを忘れてしまい、一枚のJCBカードの支払いを漏らしてしまいました。

当時、私は5万円の支払いに対して49,408円の残高となっていて、592円足りませんでした。

しかし、当日、5万円の引き落としがされてないと気付いたので、すぐにATMへ走り、入金しました。

すると、入金直後に自動引き落としがかかり、無事5万円を支払うことができました。

f:id:shiny7:20191212100818p:plain

実際に経験した際の対応履歴

最初は49,408円の残高があったところに、2万円入金したので69,408円になるはずだと思ったのですが、入金後の残高が19,298円になったので、少し戸惑いましたが、

その後明細に5万円の引き落としが出てきたので安心。難を逃れることができました。

支払遅延に気付いた理由と支払いへの意識

私が、支払明細がスマホで見れる「MyJCBアプリ」を普段から見るようにしていたからということと、クレジットカードの支払いへの意識を高く持っていることで気づくことができました。

f:id:shiny7:20191212100654p:plain

MyJCBでは支払金額がすぐわかります

MyJCBアプリはスマホでログインすれば簡単に利用明細や支払予定額がチェックできますし、2枚以上のJCBカードを持っていてもアプリ内で切り替えが簡単にできるので、管理もしやすいですから、絶対に入れておくといいですよ。

f:id:shiny7:20191212100734p:plain

MyJCBアプリでのカード切り替え

また、支払いへの意識も大切です。

私はクレジットカードが大好きですが、クレジットカードは信用第一のカードになるので、支払遅延は絶対に起こさないように普段から心がけています。

クレジットカードによって支払日が違うので、支払日を理解してないと支払いの意識が下がる可能性があります。

支払日の例

楽天カード、エポスカード:毎月27日
イオンカード:毎月2日
ビューカード:毎月4日
dカード、JCBカード:毎月10日

上記の例に挙げたカードを仮に全部使った場合は、月に4回支払いがかかることになります。

私はクレジットカードをたくさん所有しているので、それぞれの支払日は必ずチェックしておき、支払日にちゃんと引き落としがかかっているかを確認するようにしています。

支払遅延が起こると、住宅ローンなどの審査に通過できなくなったり、賃貸物件も借りれなくなることもあるので、クレジットカードの利用をする場合には、支払いへの意識を高く保ってくださいね。

タイトルとURLをコピーしました