Kyash Cardはクレジットカードとスマホ決済と併用可能な最強の中継カード!

Kyashcard icon クレジットカード
とりちゃん
とりちゃん

こんにちは!キャッシュレス大好き「とりちゃん」です!

Kyash Cardは、クレジットカードと組み合わせて利用すれば、常に+1%還元をゲットできるお得な中継カードで注目を集めていますが、みなさん、ご存知ですか?

知らない方や、知ってはいるけど使ってない方に向けて、この記事では、お得な中継カード「Kyash Card」のスペックを解説していきたいと思います!

Kyash Cardの基本スペック

KyashCard 3種類

引用元:Kyash公式サイト

まず、Kyashは、主に3種類存在しているので、それぞれのカードのスペックについて、簡単に知識を入れていきましょう。

以下のようにスペックを表にまとめました。

項目 Kyash Card Kyash Card Lite Kyash Card Virtual
カード審査 なし なし なし
発行手数料 900円 300円 無料
年会費 無料 無料 無料
ポイント還元 1% 0.5% 0.5%
3Dセキュア(本人認証) × ×
ICチップ
(4桁暗証番号)
× ×
Visaタッチ決済 × ×
ApplePay
GooglePay
国内利用 オンラインのみ
海外利用 オンラインのみ オンラインのみ
決済上限
(1回あたり)
30万円 5万円 3万円
(本人認証なし5千円)
決済上限
(月あたり)
100万円 12万円 12万円
(本人認証なし2万円)
月あたりの
還元対象決済上限
12万円
(1200P)
※カード500Pまで
12万円
(600P)
※カード250Pまで
12万円
(600P)
※カード250Pまで
本人確認書類 必要 不要 不要

表の左から右にいくにつれ、カジュアルなカードとなります。

取得のハードルが下がるものの、利用用途が制限されていく感じです。

基本的には、一番右のKyash Cardで、大きなメリットがあるので、Kyash Cardについて具体的に紹介していきますね。

Kyash Cardの特徴・メリット

Kyash Cardの特徴やメリットをまとめてみました。

とりちゃん
とりちゃん

ちなみに私も、Kyash Cardは愛用中です!

Kyash Cardの特徴・メリット

  • クレカで二重取りが可能
  • スマホ決済で三重取りも
  • おしゃれなデザイン
  • クレカを変えても手間なし
  • 利用限度額を自分で設定できる
  • リアルタイム通知がある
  • 不正利用防止策がアプリで簡単に

それぞれ、具体的に紹介していきます。

Kyash Cardはクレカと紐づけて+1%還元に!

Kyashは二重取り可能!

最大の特徴であり、メリットはこれでしょう。

Kyash Cardは、クレカと紐づけて+1還元を得られることで、+αの還元を得られることができます。

Kyash+クレカ⇒クレカ還元+Kyashポイント

これを利用するには、事前に設定が必要ですが、簡単なのでやってみてくださいね。

このスキームを最初に設定してしまえば、月5万円までの決済はクレカの還元+1%還元で利用できます。

Kyashでは、都度チャージして利用する残高払いと、リンクというクレカオートチャージ支払いができますが、リンクするのがおすすめです。

設定後は、Kyash Cardもしくは、スマホに入れたKyash CardでQUICPay決済するだけでOKですよ!これで毎回2%還元以上ゲット!

毎回、支払いのたびに、クレカからKyashへオートチャージされ、Kyashで決済が行われます。これでクレカ利用とKyash利用どちらも達成できるので、

例えば楽天カードを設定したら

  • Kyash:1%還元(100円毎1ポイント)
  • 楽天カード:1%還元(100円毎1ポイント)
    合計:2%還元(100円毎2ポイント)

となります。

普通に楽天カードで決済するよりも1%お得になっているので、知らない人と、倍の差が出ます。

スマホ決済との三重取りも!(2020年11月3Dセキュア対応)

Kyashは三重取り可能!

Kyash Cardは、2020年11月17日に本人認証サービス(3Dセキュア)に対応したことが発表されました。

これまでは、d払いなどのクレジットカード払い対応のスマホ決済と連携することができませんでしたが、3Dセキュアに対応したことで、これが可能になりました!

もちろん、ポイント還元もあるので、クレカ・Kyash・スマホ決済の三重取りが可能になったわけです!

PayPay LINE Pay 楽天ペイ d払い au PAY
基本還元 0.50% 0 0% 0.50% 0.50%
Kyash 0 0% 1% 1% 不可
クレカ(※) 1% 0% 1% 1% 不可
合計 1.50% 0% 2.0% 2.50% 0.50%

※クレカは1%還元のカードをKyashへチャージした際のイメージです。

革命的ですね。

d払い、楽天ペイなどで紐づけができますので、ぜひ試してみてください。

早速d払いを使ってみると、Kyashの1%が還元されていましたよ!

ただ、LINE PayではLINE関連サービス以外では、LINEクレカ以外のクレカ決済ができないので、0%とさせていただきました。

おしゃれなカードデザイン

kyash card my

次に、おしゃれなカードデザインです。

私も利用していますが、Kyash Cardのデザイン性は素晴らしいです!

光沢があり、高級感漂うデザイン。ネイビーが映えますね。

Kyash Card Liteと比べると、一目瞭然。デザイン性だけ見ても、Kyash Cardを選んだ方がよいと思います。

クレカを変えても手間なし

Kyashならカード切り替えが簡単

Kyash Cardは、チャージするクレカの変更をアプリで簡単に行えます。

クレカ大好きな私は、何枚もクレカを持つことがあります。別のクレカを試したいと考えた際にも、アプリでKyash Cardの紐づけを変更するだけでOKなので、楽ちんです。

いろんなクレカを利用したい方には、かなりおすすめです!

ただ、Kyash Cardを利用すると、クレカ独自の特典はもらえませんので、注意しましょう。

利用限度額を自分で設定できる

Kyash Cardはアプリでいろいろと管理できます。

とりちゃん
とりちゃん

アプリがかなり優秀です!

アプリ内で、以下のように、利用限度額が設定できますよ。

kyashcard 利用設定

スライダーで、1回の利用限度額と月単位の利用限度額を決めれば、使いすぎる心配もないので、安心です!

不正利用防止策がアプリで簡単に

Kayshでは不正利用防止策がアプリで簡単にできることも、メリットになっています。

設定できるのは、カードのロックから、オンライン決済と海外実店舗決済のロック、そして先ほどお伝えした利用額の設定です。

3Dセキュアにも対応したので、不正利用はぐっと下がりますし、仮に利用されてしまった場合にも、前述したように利用通知が即時で届く上に、スライダーでの利用額設定以上は利用できないので、安心ですね。

また、不正利用されてしまった場合にも、アプリでロックしてしまえば、それ以上は利用できなくなるので、安心して利用できるサービスとなっています。

リアルタイム通知がある

Kyashは、アプリで利用通知がリアルタイムで受けられます。

Kyash 通知等

引用元:Kyash公式サイト

この利用通知はお金を支払った感覚がつきますし、利用していることが確認できるので、とても良い機能だと思いますね。

【注意】Kyash Cardは還元対象がある!

相当お得なKyash Cardですが、還元対象になるパターンがいくつかあるので、紹介していきます。

Kyash Card還元対象外

  • 12万円以上の決済分(還元上限1200P)
  • 売上未確定のままのお取引
  • 交通機関へのお支払い(定期券、乗車券、切符、回数券、特急券などの料金)
  • 鉄道、バス、モノレール、ケーブルカーなど
  • モバイルSuicaアプリでの購入、チャージ
  • Apple Pay/Google Pay経由によるモバイルSuicaアプリでの購入、チャージ
  • 税金のお支払い
  • ふるさと納税、税金各種
  • 公共料金のお支払い
  • 寄付金のお支払い
  • 金券、商品券や有価証券等の現金同等物の購入
  • また金券、商品券や有価証券等の現金同等物を販売しているサイトでの購入
  • 郵便局でのお支払い(実店舗・オンライン)
  • 造幣局の販売サイトでのお支払い
  • 代金未回収が発生しているお取引
  • 本人または第三者による不正利用と弊社が判断したお取引

※具体的には、公式サイトをご確認ください。

これだけの対象外があります。

注意したい点を抜粋して、具体的に紹介しますね。

12万円以上の決済分(還元上限1200P)※カードは500P上限

Kyash Cardの還元上限は、月間12万円の支払いに対しての1200Pまでとなっています。そのため、12万円を超える支払い分はポイント還元対象外となってしまうので、注意しましょう。

さらに、2020年12月11日からは、クレジットカードやデビットカードで入金した残高払いの場合、月間5万円の1%分で500Pまでしか、Kyashポイント還元が受けられないようになりました。

もちろん、5万円以上でもクレカのポイント還元はあるので、Kyash Cardをそのまま利用していても、何も問題はないので、安心してくださいね。

モバイルSuicaなどは6gram経由すればOK!

モバイルSuicaなどポイント対象外になっている支払いは、mixiのウォレットアプリ「6gram」を経由すれば、ポイント付与が見込めます。

Kyash×6gram

なぜかというと、Kyashの利用先が、mixiになるからなんですね。

6gramについては、以下の記事でも紹介していますので、ぜひご覧ください。

Visa LINE PayカードからSuicaチャージでポイント3%還元!6gramの登録からSuicaチャージまでの流れを徹底解説!
SNSで話題の6gram。 話題の理由は、3%還元のVisa LINE PayカードからSuicaにチャージするときの中継カードになるからです。 6gramを経由させれば、Visa LINE Payカードで対象外のSui...

クレカ会社によってはチャージでポイントが付かないことも!

Kyashへのチャージに利用するクレジットカードの中にも、Kyashへのチャージ分をポイント還元しないと決めている会社もありますので、注意しましょう。

ややこしいですが、Kyashポイント還元ではなく、クレカポイント還元の話です。

例えば、Visa LINE Payカードです。Visa LINE Payクレジットカードは、Kyashへのチャージはポイント還元対象外とされているので、組み合わせて使ってもオトクじゃないです。

Visa LINE Payカードについては、以下記事でも紹介していますので、気になる方はご覧くださいね。

Visa LINE Payカード徹底解説!3%還元のお得な使い方とは?カードデザインやスペック、LINE Payカードとの違いについても
2020年イチオシクレカ「Visa LINE Payクレジットカード」をご存知ですか? 私はいち早く申し込み、4月から利用しています! 実際に使ってみて、そのお得さから他のクレカが使えなくなっているので、皆さんにどん...

Kyash Cardの利用開始準備(設定方法)

Kyash Cardは、冒頭の還元率の箇所でも紹介しましたが、初回にクレカの登録が必要です。

銀行口座からのチャージでも良いですが、クレカと紐付けてこそ魅力が出ますので、クレカと連携がおすすめです!

この設定をしないと、クレカとの二重取りができないので、必ずやっておきましょう!

一度やってしまえば、あとは何もしなくてもOKですから、安心してくださいね。

  • STEP1
    KyashアプリTOPで「カードを登録」をタップ

    TOPページの下部にある「カードを登録」をタップし、次のページでも「カード登録」をタップしていきましょう。

  • STEP2
    カード情報を入力

    紐付けたいカード情報を入力していきます。

  • STEP3
    クレカ会社の認証後、完了

    最後にクレカ会社の本人確認認証サービスを対応したら完了です。

  • STEP4
    クレカのリンク設定を忘れずに

    最後に、チャージをしなくても自動クレカ払いに設定をすると、利便性が格段に上がるので、対応しておきましょう。クレカ払いにある「リンク」をすればOKです。

  • 登録はカンタンですので、臆せずやっていきましょう!

    カード登録ができない場合は、以下に当てはまっている可能性があるので、注意してくださいね。

    クレカ登録時の注意点

    • カードは最大5枚まで登録可能
    • 0時~午前8時までは登録できない
    • 24時間で1枚しか登録できない

    その他にも、クレジットカードがKyashに登録できないケースもあります。

    登録できるクレジットカードは?

    Kyash Cardの支払い設定に登録できるカードは、Visa,Mastercardのブランドが付いたクレジットカードのみです。

    また、本人認証サービスに登録してないクレカは、Visa,Mastercardであっても登録不可となっていますので、必ず本人認証サービスに登録のカードを用意してくださいね。

    JCB、AMEXなどのブランドのクレジットカードは対応していません。

    Kyashポイントの使い方

    Kyash Cardは、超お得!ということが分かったところで、Kyash Card利用でたまる「Kyashポイント」の使い道について解説していきますね。

    還元されたポイントがうまく使えなければ、何もお得でないですから、要チェックです!

    Kyashポイントの使い道

    • Kyash Visaカードによる決済
    • Kyashアカウント間での送金

    基本的には、Kyash残高へチャージして、利用する方法となります。送金機能にも使えますが、私は定期的にKyashへチャージして利用しています。

    とりちゃん
    とりちゃん

    貯めたポイントをKyashで利用することで無駄なく使えるので、安心してくださいね!

    ポイントは以下のように残高へチャージしていきます。

    f:id:shiny7:20200421164703p:plain

    スマホアプリ上で簡単な操作のみで完了できます。

    Kyashポイントは自分でチャージしないと使えませんので、注意しましょうね。

    ポイント還元のタイミングは?

    Kyash Card利用後のポイント還元のタイミングですが、公式サイトによると以下のようになっています。

    売上確定の目安

    • 実店舗決済: 決済日より3-5日後
    • WEB通販のご利用:通常の場合、決済日より3-7日後

    ※店舗からの商品発送時の場合も多く、予約商品等はお時間を要します
    ※店舗ごとに売上げ確定日が異なりますので、確定をお約束するものではございません

    利用してから1週間以内でポイント還元があるのは、嬉しいですね。リアルタイム反映、すぐにポイント還元はアツいです!

    【11月末まで】1000ポイントプレゼントキャンペーン実施中

    KyashCard CP 202011

    引用元:Kyash公式サイト

    11月末までにKyash Cardを申し込みした方限定で、お得なキャンペーンが開催中です!

    キャンペーン詳細をまとめました!

    条件 内容
    期間 2020年11月9日(月)〜2020年11月30日(月)
    参加条件 対象期間中に、2点達成
    新規でKyashのアプリ内からKyash Cardを申し込む
    Apple Pay、もしくはGoogle Payを登録
    対象者 初めてKyashアプリをダウンロードし、対象期間中に参加条件を満たした方
    還元日程 2020年12月末

    11月末までに申し込みをし、GooglePayもしくは、ApplePayへ登録すれば、1000円相当のポイントがプレゼントされるという単純な内容です!

    キャンペーンを利用すれば、Kyash Cardの発行手数料900円を実質無料にすることができますよ!

    はじめての方が対象で、12月末にはポイントがもらえますし、利用条件がないので、ノーリスクなキャンペーンといえるでしょう。審査もないので、全員参加しちゃいましょう!

    キャンペーン詳細:【公式】Kyash

    【まとめ】Kyash Cardは作るべし!

    Kyash Cardは、初回に発行手数料が900円かかります。ただし、5年の有効期限の間に9万円利用すれば(900円相当のポイントが貯まるため)元がとれますし、クレジットカードと組み合わせれば、常に2%以上の還元率を実現できるので、入会しても絶対に損はないですよ!

    スマホ決済との組み合わせも可能になったので、さらに強い1枚になりました!

    Kyashは、無料アプリからカードの申し込みができますので、気になる方はまずアプリをインストールしてみてください。Kyashは、クレジットカードではないので、入会審査はなく誰でも発行できるカードですよ。

    公式サイト:Kyashの申込み方法

    この記事を書いた人
    torichan_save

    クレジットカードを20枚以上、スマホ決済を初期から10社以上使い、お得・節約に目がないとりちゃんが、皆様へお得な情報や、キャッシュレスの使い方などについて紹介できればと考えています。
    TwitterやInstagramでも情報発信中のため、ぜひフォローお願いします!

    TwitterやInstagramもフォローお願いします!
    タイトルとURLをコピーしました