SBI証券×三井住友カードでつみたてNISAや投資信託を!自動で毎月0.5%還元(年3000P)のお得技を徹底解説!

SBI証券×三井住友カード アイコン クレジットカード
とりちゃん
とりちゃん

こんにちは!キャッシュレス大好き「とりちゃん」です!

以前、紹介した楽天証券×楽天カードでのつみたてNISAを含む投資信託の投資は、投資額に応じた1%の還元が受けられるので、お得でしたね。

これを同じことが、SBI証券×三井住友カードでもできるようになりました(2021年6月からスタート)ので、この記事で、SBI証券で三井住友カードを使って投資することのメリットや、オススメの三井住友カードについて紹介していきます!

ぴよちゃん
ぴよちゃん

SBI証券でも投資額に対して1%もお得になるの?!

1%とはいきませんが、十分お得なので、ぜひ参考にしてみてださいね

SBI証券

SBI証券で三井住友カードを使った積立投資がスタート

SBI証券と三井住友カードが提携し、以下のようなことが発表されました!

SBI証券×三井住友カードの提携の魅力

  1. 三井住友カードで投資信託の積立が可能に
  2. Vポイントで投資信託の購入が可能に
  3. SBI証券口座の保有残高に対してVポイントがもらえる
  4. Vpassアプリ上でのSBI証券口座残高の管理が可能に

今回の発表により、2021年6月30日から、三井住友カードによる投資信託の積立購入が行えるようになるんです!

では、実際にどんなことができるようになるのか、掘り下げていきましょー!

 

三井住友カードで投信の積立購入が可能に

SBI証券のSMCCクレカ投資

まず、三井住友カードを使ってSBI証券で投信の積立を行うことで、毎月の投資額に対して0.5%分がVポイントで還元されます。

この方法で投資すれば、毎月自動で0.5%のお得がもらえちゃいますよ!

考え方次第では、+0.5%からのスタートというイメージも持てるでしょう!

三井住友カードを使った積立購入の上限は毎月5万円なので、毎月最大250円相当のポイントが還元されます。

さらに、三井住友カードでは毎月5万円以上利用すると50P還元がもらえる特典があるので、これがもしSBI証券でのクレカ投資も対象となるようであれば、毎月+50Pで合計300ポイント還元が狙えます。

三井住友カードを使って投資信託の積立購入をすることで、毎月の資金移動が不要になるので、とても便利です。自動でクレカ払いで引き落とされ、自動で250Pずつ還元される(年間3000P還元)が受けられるという自動化の仕組みが完成です。

※ボーナスポイント対象なら毎月300P(年間3600P還元)になります。

還元される”Vポイント”は、1P=1円の価値で利用できますので、単純に250P=250円と考えてOKです。使い方としては、Vポイントアプリの使い方の記事で紹介しているように、Vポイントアプリで現金同様の電子マネーに交換することで、普段使っているお店でポイントが気軽に利用できますし、他社ポイントやマイルへ交換して使うこともできるので、汎用性が高いので、持っていて損は無いポイントですよ。

しかも、三井住友カードでの投資信託の積立購入は、一般や特定口座以外に、つみたてNISAやNISA(ジュニアNISAは対象外)でも利用できるんです。特につみたてNISAは、楽天証券×楽天カードで毎月1%還元の記事でも紹介しているように、お得でしかないので、ぜひやってみてくださいね。(ただし、つみたてNISAは1つの証券口座でしかできないので要注意です)

資金に余裕がある方は、楽天証券と併用してこんな使い方もできそうです。

楽天証券×SBI証券の二刀流で毎月750Pゲット!

  • 楽天証券:つみたてNISA 33,333円分(1%還元)
  • 楽天証券:投資信託 16,667円(1%還元)
  • SBI証券:投資信託 50,000円(0.5%還元)

合計月10万円を積立して、750円相当のポイント還元をゲット!

月10万円投資に回せれば、750円も増やせるってわけなので、強いです!

資金がない人でも参加可能!

ぴよちゃん
ぴよちゃん

とりちゃん待って!月5万円もお金余ってないよ!ムリ!!

とりちゃん
とりちゃん

月5万円も使えない方は毎月売買をしていく方法もあるから、お金が毎月出せなくても参加可能なんですよ〜

三井住友カードを使ったSBI証券でおクレカ投資は、毎月5万円までできますが、ぴよちゃんのように、毎月5万円ずつ出していくなんてムリ!って方もいると思います。

そんな方は、毎月〜5万円まで変動が少ない債権重視型の投資信託を購入して、次の支払いまでに売却し資金を確保する方法を繰り返す形で参加が可能です!

  • STEP1
    債権型投資信託を購入

    まずは普通に購入

  • STEP2
    購入した投資信託を売却

    購入した投資信託をすぐに売却する

  • STEP3
    現金を口座へ出金

    売却後、証券口座に現金が戻るのでカード引き落とし口座に出金する

  • STEP4
    1に戻る

    自動的に次の購入が始まる(積立設定にて)

  • 売買する手間やコストが掛かりますので、前のめりでオススメではないですが、参加の仕方の一つとして考えてみると良いでしょう。

    とりちゃん
    とりちゃん

    つみたてNISAから始めるのもいいですね!

    SBI証券

    Vポイントで投資信託の購入が可能に

    また、Vポイントを使って投資信託の購入も可能になります。

    Vポイントで投資信託の購入

    仮に三井住友カードを使って投資信託の積立をして還元された、Vポイント(250P/月)を使って、追加で投資信託を購入するとしたら、5万円で5250円分の投資信託を購入したことになります。

    こうして還元ポイントを毎月どんどん投資に使っていけば、投資額がどんどん増やせるので、現金で積立している人より0.5%分多く投資額を増やしていけるってわけなんです。

    とりちゃん
    とりちゃん

    とってもお得ですね!

    また三井住友カード(NL)など、還元率の高いカードを日常的に利用していれば、日頃の決済で貯めたポイントを使って投資ができるので、非常に魅力的ですよ。

    三井住友カード ナンバーレス(NL)は年会費永年無料&コンビニで5%還元の最強カード!
    クレカの古豪「三井住友カード」がユーザー想いの最強クレカを出してきました。 その最強カードは、「三井住友カード(NL)」といって、 ナンバーレスでセキュリティ最強 年会費永年無料で持てる セブン/ローソン/ファミマ/マックで...

    SBI証券の保有残高に対してVポイント還元

    また、三井住友カード経由で口座開設をした方限定で、投資信託の保有残高に応じてVポイント還元も行われます。

    項目 内容
    国内株式現物取引
    (国内株式手数料マイレージ)
    スタンダードプラン及びPTS取引の月間合計手数料の3%相当のポイント
    投資信託取引
    (投信マイレージ)
    対象投資信託の月間平均保有額
    1,000万円未満→年率 0.1%相当のポイント
    1,000万円以上→年率 0.2%相当のポイント
    ※一部の投資信託は 0.1%未満の付与率となります。
    金・プラチナ取引
    (金/プラチナ/銀マイレージ)
    スポット取引及び積立買付の月間合計手数料の1.0%相当のポイント
    新規口座開設 口座開設完了後にVポイントサービスの設定で100 ポイント
    国内株式移管入庫 1 回の移管入庫につき100ポイント

    新規で口座開設をしたら100ポイント貰えますし、その後も年利0.1%〜0.2%ではあるものの、保有しているだけでポイントが貰えるので、ありがたいですね。また、投資信託以外に、金やプラチナ、国内株式現物取引に対してもポイント還元が受けられます。

    ただし、あくまで上記は、三井住友カード経由でSBI証券の口座開設をした方に限定されるので注意です。Vポイント還元がほしい方は、三井住友カード経由で口座開設しちゃいましょう!

    SBI証券を経由して口座開設した方は、これまで通りTポイントでの還元となります。

    Vpassアプリ上でSBI証券の口座情報の表示が可能に

    さらに、管理も楽になります。三井住友カードと連携すれば、三井住友カードの会員専用サイト「Vpass」でSBI証券口座の情報が確認できるようになります。

    口座情報や支払情報の管理ツールが一つにまとまるのは、かなり魅力的ですね。

    今後実装されたら、具体的に紹介していきます!

    SBI証券の口座と三井住友カードの準備を!

    いかがでしたか?

    この記事で紹介したように、投資信託の購入を考えている場合は、SBI証券口座三井住友カードの組み合わせは非常に魅力的です。

    少しでも魅力を感じたり、やってみたい!と思った方は、SBI証券の証券口座の開設と三井住友カードを発行していきましょう。

    SBI証券の証券口座は無料で持てますし、ネットから簡単に申込ができるので、安心してください。

    SBI証券

    ただ、三井住友カードだったら何でもいいわけじゃないですよ。ここからは、おすすめのカードを紹介していきます。

    おすすめは年会費永年無料の三井住友カード(NL)

    とりちゃんのおすすめは、2021年2月に新しく登場した次世代カード「三井住友カード(NL)」です。

    三井住友カードNL 年会費

    このクレジットカードは、年会費が永年無料となっているので、ランニングコストが一切かからない点が魅力的です。

    他の三井住友カードは、年会費が初年度のみ無料だったり、条件付きで無料だったりする中で、この三井住友カード(NL)は無条件でずーっと年会費無料ですから、損することが一切ありません。

    ナンバーレスでセキュリティもバッチリな上に、セブンイレブンやローソン、マックでは5%還元と異次元の還元も受けられます。

    カードについて具体的に知りたい方は、三井住友カード ナンバーレス(NL)は年会費永年無料&コンビニで5%還元の最強カード!の記事をぜひご覧ください。

    ちなみに、2021年4月30日までに申し込めば、最大で11,000円相当プレゼントキャンペーンもやっているので、更にお得です。

    この記事を書いた人
    torichan_save

    クレジットカードを20枚以上、スマホ決済を初期から10社以上使い、お得・節約に目がないとりちゃんが、皆様へお得な情報や、キャッシュレスの使い方などについて紹介できればと考えています。
    TwitterやInstagramでも情報発信中のため、ぜひフォローお願いします!

    TwitterやInstagramもフォローお願いします!
    タイトルとURLをコピーしました