auPAYだけじゃない!Kyashもd払いも楽天ペイもSuicaもau PAYプリペイドカードも三井住友カードで+20%還元に!

クレジットカード

以前auPAYのキャンペーンの際に三井住友カードと合わせれば40%還元という情報をご紹介しましたが、auPAY以外にもお得な使い方があったことをすっかり忘れていました。

初心に戻って三井住友カードの賢い使い方を紹介していきます!

三井住友カードをチャージで20%還元に!

三井住友カードのキャンペーンは、新規入会後にカードのショッピング利用で、利用代金の最大20%を還元してくれるという内容です。

利用に関しては、auPAYの記事でも紹介した通り、チャージでもOK。利用は利用ですからね。

f:id:shiny7:20200208170300j:plain

ということで、チャージができるスマホ決済はauPAY以外にもあります。

それがこちら。

  • Kyash
  • d払い
  • 楽天ペイ
  • Suica
  • auWlletプリペイドカード

auPAYは導入したくないなー、他の電子マネーやスマホ決済なら使ってるのにという方には、かなりおすすめですね。

それぞれのサービスを使うと還元率がこうなります。

  • Kyash:0.2%+20% = 最大20.2%還元
  • d払い:0.5%~1.0%+20% = 20.5~21.0%還元
  • 楽天ペイ:0.5%+20%= 20.5%還元
  • Suica:2%+20% = 22%還元
  • au PAYプリカ:0.5%+20% = 20.5%還元

それぞれの還元と組み合わせれば、お得に!無駄な買い物をしたくない方はチャージしておけばOKのものを選びましょう。

三井住友カードでチャージできるスマホ決済とは?

ただし、auPAYの時にも注意点として紹介していた「三井住友カードに付帯する国際ブランド」によってチャージができないサービスが有るかどうかを見ていきましょう。

Kyash、d払い、楽天ペイでは、クレジットカードからのチャージはこうなっています。

サービス 利用可能なクレカ 条件
Kyash Visa,Matercard 本人名義のみ
d払い Visa,Matercard,JCB,AMEX 本人認証サービス必須
楽天ペイ Visa,Mastercard 還元があるかは、カード会社ごとに異なる
Suica Matercard,JCB,AMEX,ビューカード Visaブランドは使えない

オートチャージはビューカードのみ

auPAYプリカ 一部Visa,Mastercard,一部JCB,アメックス,auPAYクレカ

(※auPAYにチャージ可能なクレカ同様)

VisaとJCBは一部のクレカのみ

本人認証サービス必須

どれも三井住友カードで発行できるVisaとMastercardからのチャージには対応していました。

au PAYプリペイドカードでは、三井住友カードMatercardならOKです。

Kyashでリンクして利用する

f:id:shiny7:20200209182542j:plain

Kyash Cardは、クレジットカードをリンクさせてVisa加盟店で利用できます。この方法はチャージではありませんが、Kyashカード決済時に5万円までは0.2%還元があるので、三井住友カードの20%還元と組み合わせれば20.2%還元でカード利用が可能になります。

Kyash Cardはクレジットカードとスマホ決済と併用可能な最強の中継カード!
Kyash Cardは、クレジットカードと組み合わせて利用すれば、常に+0.2%還元をゲットできるお得な中継カードで注目を集めていますが、みなさん、ご存知ですか? 知らない方や、知ってはいるけど使ってない方に向けて、この記事で...

d払いでの利用

f:id:shiny7:20200209182220j:plain
d払いに関しても、Kyash Cardと同じようにチャージではありませんが、リンクして利用することが可能です。
d払いの利用できる場所で、d払いを通して三井住友カードの決済をするというイメージになります。d払いは利用の際にdポイント還元がありますので、dポイントを貯めている方はこの方法もおすすめですよ。

またd払いのdカード支払いでなくてもOKのキャンペーンの場合は、三井住友カードの20%還元とは別に決められた還元がもらえますので、最強の二重取りが実現できるでしょう。

d払いの支払い設定に三井住友カードを設定するには、d払いのアプリで支払い方法の変更を行う必要があります。

f:id:shiny7:20200209180524p:plain

変更は図解のように、アプリを操作すれば簡単にできますよ。

公式サイト:d払い

d払いは一番お得なスマホ決済に!ドコモユーザー以外でもOK!Visa LINE Payカードとの併用で二重取りも
ドコモユーザーでも利用可能なd払いですご、実はいま一番お得なスマホ決済になっているんです! d払いの魅力について紹介していきたいと思います。 公式サイト:d払い d払いとは? d払いは、ドコモが展開するスマホ...

楽天ペイでの利用

f:id:shiny7:20200209182214j:plain

楽天ペイもd払いと同じようにチャージ方式ではなく、楽天ペイ利用時にクレジットカードから引き落としがかかるというイメージでの利用になります。

楽天ペイの支払い設定は、d払い同様、楽天ペイアプリで簡単に設定できます。

f:id:shiny7:20200209180559p:plain

上記の流れでタップしながら説明に沿って登録をしてみましょう。

公式サイト:楽天ペイ

Suicaチャージ

f:id:shiny7:20200209182211j:plain

Suicaを使っている人は、Suicaへのチャージもおすすめです。

買いたいものがない場合は、とりあえずチャージしておくという選択もおすすめですね。

ただし、1枚のSuicaには2万円までしかチャージできないので、1枚で三井住友カードの還元上限である8000円分の還元を手に入れることはできません。またSuicaチャージ自体のポイント還元はありません。

Suicaへ三井住友カードを使ってチャージするためには、Suicaアプリが必須となります。

iPhoneからのチャージの流れ

  1. Apple Payへ三井住友カードの登録
  2. Suicaアプリをダウンロード
  3. Suicaアプリの利用登録
  4. Suicaアプリの入金(チャージ)をタップ
  5. Apple Payを選択
  6. 三井住友カードを選択して決済
  7. チャージ完了

Suicaアプリの入会(チャージ)からApple Payを選択して、三井住友カードを選択すればチャージができます。

f:id:shiny7:20200209180723j:plain
Suicaアプリでのクレジットカードチャージの流れ

画像はSuicaアプリのチャージの流れです。アプリを使えるように設定すれば、あとは流れに沿ってチャージするだけです。

公式サイト:Suica

au PAYプリペイドカード

f:id:shiny7:20200209182225j:plain

au PAYプリペイドカード利用の際には、どこでも200円で1ポイント貯まるので、0.5%還元をゲットできます。

またセブンイレブンなどポイントアップ加盟店なら、更にポイント還元率が高くなります。

f:id:shiny7:20200209183541j:plain

セブンイレブンなら、200円で2ポイントの1%還元となっているので、ポイント還元もかなり良い印象です。

f:id:shiny7:20200209183547j:plain

セブンイレブン以外にセブン系のスーパーや、マツキヨなどでもお得になります!

三井住友カードからauPAYプリペイドカードへチャージしておけば、Matercard加盟店で利用ができますので、チャージしておいても損がありません。

f:id:shiny7:20200209150811j:plain

auPAYにチャージすることもできますし、プリペイドカードとして世界中のMatercard加盟店での利用も可能です。ネットでもリアルでも使えるので汎用性が高いでしょう。

三井住友カードがどうしてもキャンペーンの還元上限まで利用できそうになければ一時的にau PAYプリペイドカードに逃がしておくのもありだと思います。

公式サイト:au PAYプリペイドカード

au PAYプリペイドカードへのチャージはアメックスの入会特典の条件クリアの際にも使えます。以下記事でも紹介していますので、もし興味があればぜひご覧ください。

あわせて読みたい:SPGもOK!auPAYはアメックスからのチャージが可能なスマホ決済!チャージ方法を画像付きで解説!20%還元キャンペーンも!

他のおすすめな方法もあるよ!という方はぜひTwitterなどからご連絡いただけると嬉しいです!記事に反映していきます!

タイトルとURLをコピーしました